西新井・梅島で無痛治療対応の歯医者なら那須歯科医院
HOME>ドクターブログ

ドクターブログ

キレイな歯で健康キープ!
みなさん、こんにちは。
足立区で開業している那須歯科医院、院長の那須です。

まだまだ歯科医院での定期健診の話を続けていこうと思っています。
これまで、定期健診を受けていただく意味や、その具体的な内容についてご説明してきましたので、まだお読みでない方はぜひ一度目を通してみてください。

今日お話しするのは、クリーニングについてです。
名前の通りで、歯をキレイにするという作業です。検診と聞くと、問題がないか調べるための検査を思い浮かべると思いますが、未来の問題を未然に防ぐという観点からクリーニングは大切な治療です。

歯に付着した歯垢や歯石を、特別な器具を使って落としていくのですが、これが虫歯や歯周病の予防におおいに役にたちます。
つまり、問題を発見するというよりも、問題の芽を摘んでおくという感じです。
単純に見た目も美しくなりますし、定期的なクリーニングはお口の健康を守る上で欠かせないものです。

定期健診=検査、と思っていると、ちょっと面食らうかもしれませんが、これも「予防歯科」の一環です。いらぬトラブルを招かぬよう、日ごろから歯や歯ぐきをいい状態に保つことが大切というわけです。
投稿者 那須歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
見えないところはレントゲンで
みなさん、こんにちは。
足立区で開業している那須歯科医院、院長の那須です。

引き続き、当院での定期健診の内容についてお話を続けていきます。
いつも読んでくださっている方には耳にタコかもしれませんが、問題が起きる前に歯科医院で検査することで、トラブルを未然に防ぐ。それが予防歯科です。

定期健診では、患者さんによってはレントゲンを撮ることがあります。
例えば、歯周病を患っていて、歯根やあごの骨の状態をチェックしておきたい場合などです。
歯根というのは、書いて字のごとく歯の根っこの部分で、大雑把な言い方をすると、歯ぐきに埋まっている歯の根元部分のことです。
この歯根やあごの骨は、目で見ても、口腔内カメラを用いても見ることができませんから、レントゲン写真によるチェックが必要なのです。

また、インプラント治療を受けた方もレントゲン撮影を行うことがあります。
インプラントというのは「人工歯根」を使った治療ですから、その状態を把握するために大切な検査となるわけです。

もちろん、患者さんによってはレントゲン検査はない方もいらっしゃいます。
必要かどうかは、歯科医師の判断になりますが、もし気になることがあるようでしたら、遠慮なくお申し出ください。
投稿者 那須歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
今と未来のお口のために
みなさん、こんにちは。
足立区で開業している那須歯科医院、院長の那須です。

前々回から、歯科医院での定期健診についてご紹介しています。
病院によって、多少の差はあると思いますが、極端に違うということはないでしょう。ここでは、当院での検診を基にお話ししていきます。

さて、前回は口腔内カメラを使った視診についてご説明しました。
その後は、そこで把握した状態を患者さんにお伝えします。現在、患者さんの歯がどういう状況にあるかをお話しし、さらに2、3年後に歯や歯ぐきがどうなっているかについてもご説明します。
「予防歯科」ですから、単に今の状態を知ってもらうだけでなく、先々の健康を守るためにどうするか、が大切なのです。

また、これまでに受けた歯科治療がどのようになっているかも、併せてご説明します。
場合によっては、新たにやり直すべき個所が見つかるかもしれません。ちょっと面倒くさいと感じるかもしれませんが、それこそが定期健診の意味でもあります。

問題が起きる前に対処する。このことを前提に、検診を受けてください。
分からないことや、不安に感じていることなどありましたら、患者さんの方からお話しいただいて結構です。未来の安心を作ることこそ、予防歯科なのですから。
投稿者 那須歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
お口の中をカメラでチェック!
みなさん、こんにちは。
足立区で開業している那須歯科医院、院長の那須です。

前回は「定期健診のススメ」ということで、半年に1度程度、歯科医院まで来ていただいて、お口の健康を守っていきましょうとお話ししました。
今日からは、その具体的な内容についてご説明をしていこうと思っています。

まずは、視診、つまり見て診断するという検査について。
見ると言っても、なにしろお口の中のことですから、普通に見ただけではなかなか目が行き届きません。
そこで、口腔内カメラというものを使っていきます。

この際、歯科医師だけでなく、患者さんにも同じ映像をお見せしています。
もちろん専門知識がないと、なにが良くてなにが悪いかを判断するのは難しいと思います。しかし、ご自分のお口の中を見もせず、一方的に「こうしなさい」と指示を出されるよりもご安心いただけるのではないでしょうか。もちろん、分かりやすくご説明もします。

患者さんにとっても、あまり見ることのないお口の中が見られますから、より状態を把握していただけます。
まずは、そうして今現在、お口の中がどのような状態かを一緒に理解していきましょう。
それを元に、次の検診へと進んでいきます。
投稿者 那須歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
痛くなくても歯医者さんへ!
みなさん、こんにちは。
足立区で開業している那須歯科医院、院長の那須です。

これまでにも、このブログで「予防歯科」の考え方についてお話をしたことがあります。
予防歯科というのは、その名の通りで、簡単に言うと「虫歯などの問題が起きてから歯医者に行く」のではなく、「問題がなくても歯科医に通って、トラブルを未然に防ごう」という考え方です。

予防歯科への分かりやすい取り組みとして、定期健診が挙げられます。
そのときに歯が痛くなかろうが、歯科医に来ていただいて歯のチェックをします。
定期健診と言っても、毎月来てくれと言っているのではありません。半年に1回程度で結構です。1回の検診も30分程度。それだけの負担で、得られるメリットはたくさんあります。

虫歯の早期発見は治療の負担を軽減できますし、歯を失うリスクのある歯周病の予防にもなります。歯垢や歯石のケアもしますので、歯を白く美しい状態でキープできます。
検診後、どのように歯のケアをしていくべきかもお知らせできますので、いいこと尽くめです。

一生使う歯ですから、半年に1度だけお時間を作っていただいて、検診を受けてください。
次回は、定期健診で具体的にどんなことをするのか、ご説明しようと思います。
投稿者 那須歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
1
                   
セカンドオピニオン