西新井・梅島で無痛治療対応の歯医者なら那須歯科医院
HOME>ドクターブログ

ドクターブログ

口腔外科で扱う症状
みなさん、こんにちは。
足立区で開業している那須歯科医院、院長の那須です。

今日は、前回の続きで口腔外科についてお話していきます。
口腔外科とは、歯だけでなく、歯ぐきやお口の中、顎関節などの問題を診療する科です。
歯医者というだけあって、歯のことは歯科と分かりやすいんですが、歯じゃないけど口の中がおかしいという場合に的確な判断ができるよう、頭の片隅に入れておいてください。

まずは、歯ぐきに関する症状。
これは歯と直に接している部分のことなので、比較的理解しやすいと思います。
歯ぐきの腫れや痛み、出血などがある場合は口腔外科で治療可能です。

同じくお口の中にある舌。これも口腔外科で診療します。
例えば、舌に痺れを感じたり、ただれてしまった、黒ずんでいるといった場合が該当します。味覚に障害があると感じた場合もこちらです。

お口の外側、とでも言いましょうか、顎に関する症状もあります。
顎の骨を折ってしまった、顎がはずれてしまったなどの緊急に処置が必要なものから、顎の関節から音がするとか、口が開けにくくなったなどの症状まで様々です。
顎が小さい、顎がねじれているように見えるなど、痛みなどはなくても気になることがあれば、口腔外科を受診してください。

また、顔に関する症状も診療することがあります。
顔面に強い痛みを感じる、顔面を打撲してしまった、顔の表情に支障が出るなどの症状が該当します。

基本的には、なに科かにこだわらず、異常があれば病院へというのが大切だと思いますが、これらの症状は口腔外科、すなわち歯科医院でも診療可能ということを覚えておくと便利だと思います。
投稿者 那須歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
歯以外のことでも
みなさん、こんにちは。
足立区で開業している那須歯科医院、院長の那須です。

歯が痛くなったら歯科医院。あるいは、前回お話した予防歯科の考えで言うと、虫歯になる前に歯科医院で健診。これがごくごく普通の歯医者さんの利用方法です。
でも、歯科医院では口腔外科も扱っています。耳にしたことがある方もいらっしゃると思います。

なにをする診療科かというと、歯に限らず、歯ぐきやお口の中、顎の関節などにまつわる症状を対象にするのです。
例えば、最近ではすっかりおなじみのインプラントも口腔外科の分野に含まれます。また、顎関節症の治療もこちらです。“外科”とついているだけあって、親知らずの抜歯や顎関節症の外科的手術も行います。

つまり、歯が痛い以外でも、例えば歯ぐきが腫れているとか、顎に痛みがあるといった場合は、歯医者さんに来てもらってOKなのです。
なんとなく、なに科に行ったらいいのか迷うこともあるかもしれませんが、お口の中の異常はひとまず歯医者で相談というのも選択肢のひとつです。

とは言え、専門知識を持っていない一般の方は、まだ迷うこともあると思います。分からない場合は、歯科でも内科でもとりあえず受診することが大切なのですが、より的確な判断をしやすいように、次回のブログで口腔外科の扱う症状についてお話しようと思います。
投稿者 那須歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
目指せ、フィンランド!
みなさん、こんにちは。
足立区で開業している那須歯科医院、院長の那須です。

2回にわたって書いてきた「予防歯科」ですが、残念ながらまだまだ日本ではこの考え方が浸透しているとは言えません。多くの患者さんが、歯が痛くなってから歯医者を訪れるのです。
最近、少しずつ「予防歯科」という言葉が市民権を得てきてはいますが、まだまだこれからというのが実感です。

日本では、80歳での平均残存歯数はわずか6本です。そのうち半数の人が総入れ歯になっているというのが現状です。
一方、北欧のフィンランドの歯にまつわる事情はまるで違います。
フィンランドでは、予防歯科の考え方が広く浸透しています。そのため、子どもから大人まで、痛くなる前に歯医者に行くことが当たり前のこととして受け入れているのです。
そんなフィンランドでは、80歳での平均残存歯数は20本を上回っています。

予防歯科に関することだけが理由と言うと言い過ぎかもしれませんが、予防歯科がもたらす非常に高い効果を示しているのは間違いありません。
みなさんの歯を健康に、少しでも多く長く使っていくためにも、ぜひ予防歯科の知識を持っていただきたいと思います。もちろん、気になることや分からないことはお気軽に質問してください。
投稿者 那須歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
予防歯科でなにをする?
みなさん、こんにちは。
足立区で開業している那須歯科医院、院長の那須です。

前回のブログで「予防歯科」のお話をしました。
歯が痛くなってから、あるいはお口の中に違和感や異常を覚えてから歯医者に行くのではなく、定期的に受診して未然に虫歯や歯周病を防ごうという考え方です。

いわゆる一般的な定期健診では、大人と子どもで多少の違いがあります。
お子さんのうちに虫歯ができると、歯並びに悪影響を与えてしまうものです。それを防ぐためにも、小さいころから歯みがきや定期健診を習慣づけることが大切です。子どものころから「痛くなる前に歯医者」という考えが当たり前になれば、予防歯科をずっと続けていくことができるのです。

大人の場合は、最低でも半年に1回の検診をおすすめしています。
虫歯・歯周病の予防を施していくのはもちろんですが、万一、すでに異常があったとしても早期発見できるメリットがあります。

予防歯科ではPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)というものも行っています。これは、歯科衛生士が専門の機械を使って丁寧に歯をクリーニングしていくもので、日々の歯みがきでは落とすことの難しい汚れをキレイにしてくれます。

また、虫歯予防の効果が高いと言われるフッ素の塗布も行います。
フッ素には、歯を強くする、虫歯菌を抑制する、歯の修復を促進するといった働きがありますが、定期的に塗布しないと効果が出ません。そのため、6カ月ごとの塗布をおすすめしています。

歯が痛くないのに歯医者に行く、という認識を持つのはなかなか難しいものです。
しかし、予防歯科の考え方はこれからの歯科治療のあり方とも言えるものです。どうせ歯医者に行くなら、痛くなる前の方がいいですよね!?
投稿者 那須歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
痛くなる前に歯医者!
みなさん、こんにちは。
足立区で開業している那須歯科医院、院長の那須です。

みなさんは、ケガは別として、どんなときに病院に行きますか?
熱が出たとき。お腹が痛いとき。できものができたとき。歯科医院で言えば、歯が痛くなったとき。などなど、病院に行くきっかけは、身体の異常を感じたときではないでしょうか。

もちろん、身体の異常を治すところですから、それで間違っていません。
健康なときに病院に行くのはおかしい、と思われるのも仕方ないかもしれませんね。
でも、健康診断や定期健診などの場合はどうでしょう。どこも痛くもかゆくもなくても、病院に行きますよね。

それは歯医者でも同じことです。
虫歯や歯周病は「歯の生活習慣病」とも呼ばれています。
毎日しっかり歯みがきをして十分にケアをしているつもりでも、少しずつ少しずつ虫歯や歯周病に侵されてしまっていることが珍しくありません。

そこで大切なのが「予防歯科」という考え方です。
その名の通り、虫歯や歯周病にかかってから歯医者に行くのではなく、「痛くなる前に歯医者に行く」ことで未然に病気を防ごうというものです。

もちろん、虫歯が痛いと来院されれば治療して痛みを取り除きますが、それよりも虫歯にならないように取り組んだ方がみなさんにとってもいいことですよね。
いわゆる内科の健康診断などと同じように、異常を感じなくても定期的に歯科医に通っていただき、苦しむことなく歯の健康を守って行きましょう。
投稿者 那須歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
         
6
         
セカンドオピニオン