西新井・梅島で無痛治療対応の歯医者なら那須歯科医院
HOME>予防歯科(PMTC)

予防歯科(PMTC)

予防の考え方
予防の考え方のイメージ

むし歯や歯周病は、「歯の生活習慣病」とも呼ばれ、歯を失う原因の大きな要因となっています。
病気の原因である歯の汚れは、毎日歯を磨いたとしても完全に落とすのは簡単なことではありません。
一番大切なのは、むし歯や歯周病といった病気になる前に歯医者に通ってケアをし、病気を未然に防ぐことです。自分の歯の健康を守るためにも、定期的なケアが重要になってきます。
「痛くなってから歯医者に行く」のではなく「痛くなる前に歯医者に行く」のが、これからの歯科治療の考え方なのです。

予防効果
予防効果のイメージ

近年、日本でも「予防歯科」という言葉が知られるようになりましたが、正しい知識が普及していないために、依然多くの人が痛くなってからでないと歯医者へ足を運ぼうとしません。
その結果、80歳の平均残存歯数はわずか6本となり、そのうち半数の人が総入れ歯になっているのが今の日本の現状なのです。
これに対しフィンランドでは、予防歯科の考えが浸透しているため、子供から大人まで定期検診の受診が習慣化されています。
フィンランドでは80歳の平均残存歯数が20本を上回っています
このように予防歯科を定期的に受診することで、非常に高い予防効果が得られるのです。

予防歯科の内容
子供の定期健診

お子様の健康な歯を守るために一番大切なのは、小さな頃からの予防になります。
子供の頃にむし歯ができてしまうと、歯並びに大きな悪影響を与えてしまいます。
そうならないためにも、小さい頃から歯磨きや定期健診を習慣づけて、歯に対する意識をもつようにしましょう。

大人の定期健診

定期健診を受診することで、ご自身で行う歯磨きでは落としきれない汚れを取り除きます。早期発見が大切なので、最低でも半年に1回は受診するように心がけ、虫歯予防や歯周病予防を行いましょう。

PMTC

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)とは、毎日の歯磨きではとれない歯の汚れを、歯科衛生士が専門的な器械を用いて1本ずつ丁寧にクリーニングしていくことをいいます。

フッ素塗布

フッ素塗布はむし歯予防の効果が高いと言われています。

フッ素には、歯を強くする、むし歯菌の抑制、歯の修復を促進するといった働きがあります。ただ、定期的に塗布しないと効果がでないため、6ヶ月毎の塗布をお勧めしています。

問い合わせ
セカンドオピニオン