西新井・梅島で無痛治療対応の歯医者なら那須歯科医院
HOME>口腔外科

口腔外科

口腔外科とは
口腔外科とはのイメージ

口腔外科とは、歯に限らず、歯茎、口腔内、顎関節等、口腔内全体を対象とした診察になります。
インプラントや親知らず、顎関節症など、外科的な手術も行います。

口腔外科にかかる時の主な症状
  • 事故によって顔面を打撲した
  • 顔の左右が対称ではない
  • 顔面に強い痛みがある
  • 開眼時や顔の表情などに支障が出た
  • 顎・頬が腫れている
  • まぶたが痙攣する
  • 顎を骨折してしまった
  • 下顎が出ていることが気になる
  • 顎が小さい
  • 顎がねじれているように見える
  • 上下の歯の噛み合わせが悪い
  • 顎の関節から音が出る
  • 口が開かなくなった・開けにくくなった
  • 顎に痛みがある
  • 顎がはずれてしまった
  • 味覚障害がある
  • 舌がただれてる
  • 舌が黒ずんでいる
  • 舌に痺れがある
  • 歯の生え方が正常ではない
  • 時々痛みによって歯茎が腫れる
  • インプラント治療を受けたい
  • 抜歯後の治りが遅い
  • 歯茎が腫れている・出血する
  • 歯が折れた
  • けがをして歯が抜けた
  • 歯が痛い
  • 虫歯が悪化している
  • 歯並びが悪い
親知らずとは

親知らずとは奥歯の一番奥に生える永久歯のことを指します。
多くの場合、真っ直ぐに映えるケースは珍しく、他の歯や歯茎に悪影響を与える可能性が高いため、抜歯が必要になってきます。
しかし、周りの歯に影響がない場合や、親知らずがキレイに生えていて噛み合わせにも問題がない場合は、無理に抜く必要はありません

詳しい情報はこちらから⇒

顎関節症とは
顎関節症とはのイメージ

「顎が痛い」「口が開けづらい」「顎がカクカク鳴る」などの症状でお悩みではありませんか。 もしこのような症状がある場合は、顎関節症の恐れがあります。

顎関節症は20代~30代の女性を中心に、年々増加傾向にあり、症状によっては、耳鳴りやめまい、肩こりなど広範囲にわたります。
人によって症状に個人差が大きいのが特徴といえます。
多くの場合、早期に適切な治療を行うことにより、症状が改善していきますが、違和感をそのまま放置していると、食事もできないほどの痛みが生じる場合もあります。
上記の症状に心当たりがあれば、早めの診察をお勧めします。


詳しい情報はこちらから⇒

あごが痛い、口が大きく開けられなくなった

下記のような場合、顎関節症の可能性があります。
口を開閉する際に顎の関節からカックン、コッキンというような音がします。
このような状態の時は、あまり硬いものを食べないようにしましょう。併せて大きな口の開閉も抑えるようにしましょう。
痛みが出ている場合や、口が開けにくくなっている場合は、口腔外科へ受診しましょう。

問い合わせ
セカンドオピニオン