足立区で歯に痛みを感じたら那須歯科医院まで
HOME>矯正歯科

| 矯正歯科 |

不正咬合の種類
叢生(乱ぐい歯・八重歯)のイメージ
叢生(乱ぐい歯・八重歯)

顎が小さかったり、顎に対して歯の幅が大きい場合に起こります。
歯の生える場所が足りないので、凹凸に生えたり、重なり合って生えています。

空隙歯列弓のイメージ
空隙歯列弓

顎が大きかったり、歯の幅が小さい場合に起こります。
歯の間が開いていて、歯列に隙間ができています。

過蓋咬合のイメージ
過蓋咬合

噛み合わせが深く、下の歯列が上の歯列に覆われて見えなくなっています。

切端咬合のイメージ
切端咬合

上下の前歯が先端で噛み合う状態になっています。

上顎前突(出っ歯)のイメージ
上顎前突(出っ歯)

上の前歯や歯列全体が前に突き出ている状態をいいます。

開咬(オープンバイト)のイメージ
開咬(オープンバイト)

顎を閉じて咬み合わせても、上下の歯に隙ができています。

下顎前突(受け口・反対咬合)のイメージ
下顎前突(受け口・反対咬合)

下の前歯が上の前歯より前に出ています。

矯正歯科治療の流れはこちら
問い合わせ