足立区で歯に痛みを感じたら那須歯科医院まで
HOME>矯正歯科

| 矯正歯科 |

矯正治療の開始時期

かみ合わせや成長の状態により異なりますが、乳歯と永久歯の生えかわりが始まる7~8歳頃から12歳頃に始められると良いと思います。
大人の方でも、あごの骨の中で歯を動かすことは、条件が整えば、何歳からでも可能です。ただ、早い時期に治療を始めると、あごの成長や発育をコントロールできるという点で、よりよい結果が得られることがあります。
最近は、歯科矯正治療を受けられる大人の方が非常に増えてきました。歯並びやかみ合わせ全体を良くする本格的矯正治療だけでなく、抜けた歯の部分に入れ歯やブリッジを入れる前の準備として、傾いた歯やゆがんだ歯を治すという部分的矯正治療まで、幅広い治療を行っています。傾いた歯や乱ぐい歯を部分的に治すことにより、歯を削る量や削る歯の本数が減ったりすることもあります。

乳歯から永久歯への交換期のお子様の場合
乳歯から永久歯への交換期のお子様の場合のイメージ

永久歯が生えそろうまでの期間、あごの成長コントロールや幅を広げたりしていきます。また、指しやぶりや口呼吸などのある方はその改善を行っていきます。装置が入っている間は月に1回程度の通院が目安です。これが、第一期治療です。第二大臼歯(12歳臼歯)まで生えそろった時、必要であれば、仕上げの治療として第二期の治療に入ります。場合によっては、第一期治療のみで終了する方もいます。

永久歯が生えそろった中学生から大人の方の場合
永久歯が生えそろった中学生から大人の方の場合のイメージ

ほとんどの方が、すぐにお口全体の歯並びを整えていくことができます。歯をあごの骨の中で少しずつ時間をかけて動かしていきますので、1年半から2年ほど時間が必要です。この間、通院は1カ月に1回程度です。

治療が終わったあとは・・・

きれいな歯並びになった後は、歯やあごが正しい場所で安定するように、後戻りを防ぐ治療が1年半から2年行われます。
この間は通院は 2~3カ月に1回程度です。

矯正歯科治療の流れはこちら
問い合わせ