足立区で歯に痛みを感じたら那須歯科医院まで
HOME>審美歯科

| 審美歯科 |

審美歯科のメリットとデメリット
審美歯科のメリット
  1. 審美歯科先進国のアメリカでは多くの人が審美歯科治療をうけています。

    歯のホワイトニングは身だしなみの1つとされています。ホワイトニングは日本では『特別な事』と考えられがちですが、海外ではホワイトニングは特別な事ではなく身だしなみの1つとして考えられています。

  2. 人口の歯にはホワイトニングの効果はない。

    人工の歯や薬品等による変色が著しい歯をお持ちの方はホワイトニングの効果を最大限に引き出すというのは難しくなるのも現実です。むやみにホワイトニング治療に申し込むのではなく担当医と十分話し合った上で慎重に決定するようにしましょう。

審美歯科のデメリット
  1. 1回の施術で完全に終わるわけではありません。

    ホワイトニングは1回の施術で終了しません。歯科医院(デンタル)でオフィスホワイトニングを行い、一気に歯が白くなりますが、そのまま放っておくと 1年で色が落ち始めます。さらに放っておくと元の色に戻ってしまいますから、白い歯を維持したいのであれば色落ちが目だつ前にタッチアップホワイトニングを行わなければならないのです。タッチアップはもちろん料金を必要としますが、最初のホワイトニングに比べて格安です。ヘアカラーが色落ちするように歯のホワイトニングも維持が必要となるわけです。

  2. 人口の歯にはホワイトニングの効果はない

    人工の歯や薬品等による変色が著しい歯をお持ちの方はホワイトニングの効果を最大限に引き出すというのは難しくなるのも現実です。むやみにホワイトニング治療に申し込むのではなく担当医と十分話し合った上で慎重に決定するようにしましょう。

問い合わせ