足立区で歯に痛みを感じたら那須歯科医院まで
HOME>入れ歯治療

| 入れ歯治療 |

入れ歯の種類
レジン床義歯

ピンク色のプラスチック(樹脂)で作られている、比較的ポピュラーなタイプの義歯。強度を得るため厚みがあり、クラスプ(歯に留まる部分)が金属性で、入れ慣れるまでの違和感はかなり大きい。

金属床義歯

上アゴに被さる部分や下アゴの舌の触る部分が金属で作られている。樹脂に比べ強度があるため、より薄く、またより熱の伝わりが良いため、レジン床に比べてかなり違和感は小さく、味覚も感じやすくなる。

ノンスクラブデンチャー

義歯の歯以外の部分が、特殊な透明色の樹脂で作られており、歯に留まる装置も透明色なため、義歯を装着していても判別しにくい審美性を高めたタイプの義歯。型取りや、義歯製作を特殊な方法で行い、精度の高い義歯ができあがるため、フィット感にすぐれている。

コンフォート

コンフォートとは、入れ歯の粘膜に接触する部分の材料を、『生体用シリコーン』というやわらかい素材で粘膜や歯槽骨(アゴの骨)を保護するものです。コンフォートは、心臓外科や整形・形成外科など他の分野で幅広く活用されています。

問い合わせ